よくある質問 - 鉄瓶を使っている間の注意点ありますか?
• 鉄瓶は毎日使ってきちんと後処理していても、まもなく中に赤い斑点のような錆びが出てきます。これはどんな鉄瓶でも一緒です。それでも絶対に中は触らないように。かならず使い続ければ安定しますし、そのうち湯あかがつきます。
• 白っぽくなればそれが湯あかです。使い始めよりもお湯が美味しくなっているはずです。 鉄瓶は使えば使うほどお湯がおいしくなります。大事に鉄瓶を育ててください。
• ただ鉄瓶の中が白っぽくなるには最初の1〜2週間は毎日使いたいところです。急ぐ場合は、ボルビックや、エビアンなどのヨーロッパのお水は硬水(カルシウム豊富)なので、2〜3回沸騰させるだけで湯垢がつきます。(お客様からの報告です)
取り敢えず1ヶ月は頻繁に使わないと白っぽくはならないと思って、あわてずに根気よく使い続けましょう。
• ガスコンロで鉄瓶を使う場合 強火で使用すると外側の漆が焼けて変色します。変色が気になる場合は、火が直接鉄瓶に当たらないようにごく弱火にしてください。ガスの火には水分が多いからです。
• 鉄瓶の鉄分は、長時間お湯が沸騰している時に最も出てきます。1つの方法として、最初にケトルでお湯を沸かし、そのお湯を鉄瓶に移し替え、簡易式のIHヒーターでシュンシュンとお湯が湧き続ける。のようなスタイルも効果的です。
• システムキッチンのIHヒーターで鉄瓶を使う場合 鉄瓶の底が恐らく直径13cm程度ないと電源が入らないかも知れません。殆どの鉄瓶は直径13㎝未満です。どのIHヒーターであれば直径13㎝未満でも電源が入るかは未確認です。とはいえ私の周りの方たちは、市販のコンパクトなIHヒーターで鉄瓶を使っています。